MBP 17″(Early 2011)と入れ替えで我が家にやってきた、

MBP 15″(Late2006)のSSD化とデュアルストレージ化とUSキーボード化を一気に実施!

今回導入するSSDはこれ


A-DATA SSD S510 120GB

SATA3対応の120GBでは最安でした。

MBP15″ (Late2006)自体は1.5Gでしかリンクしないんで、

SATA3にする必要はないのですが、今後他のマシンに移設することも考慮して購入。

デュアルストレージ化の為のベイマウンタは、

テクノハウス東映さんにてSlimBay9.5AT-HDD.SAを購入。

ユニボディ以前のMBPは光学ドライブがSATAではなくATAPI(IDE)なので、

前回紹介した、SlimBay9.5SA-HDD.SAは使用できません。

このマウントベイ、PCとの接続はATAPI(IDE)なのですが、

マウントするHDDとの接続はSATAになっていて、SATA→IDE変換してくれます。

安価で大容量なSATAが使える、お財布にやさしい仕様です。

私、勘違いして、割高なIDE HDDを購入するところでした。

USキーボードは、vintage computer等から買えますが、

高いです。。。15000円程度。まあ、安心のクオリティでしょうが。

せっかくの円高なんで、海外から輸入します。

(まあ、VINTAGEさんも海外だけど)

いつもだと、ebayを使うところですが、今回はaliexpressに挑戦。

ガンガン出てきます。どれも、$30前後。

一番安い、送料込みで$27.84の物をチョイス。しかもESMです。

厳密にはMBPのキーボードは世代ごとに仕様が分かれているのですが、

ebayやaliexpressの中国業者は、

ユニボディ以前のMBPは共通で使えるとの説明になっております。

多少不安ですが、注文から4日で届いたブツは、

かなりがっちり梱包されてます。

ファンクションキーに割り当てられてる特殊機能が、

おそらくユニボディ以前の最終型の物になっています。

この辺は、元々ついてるJISキーボードからニコイチします。

では、以下分解と取り付けの画像、、、、

続きを読む