カテゴリー : Gadget

FEIYU TECH G4Sのファームアップ



先日購入したFY-G4Sのファームウェアを早速バージョンアップしました。その時、つまずいたポイントも合わせてメモ。

まず、アップデートに必要なファイルをダウンロードします。

DL先は、http://www.feiyu-tech.com/にアクセスし、

Supportから使用機種(今回はFY-G4S)を選択します。

ダンロードするファイルは下記になります。(2016/4/16現在)

USB Drive

G4S 3-Axis Handheld Gimbal Firmware V1.26

G4S 3-Axis Gimbal Firmware Upgrade Software

アップデートに使用するパソコンのOSはWindowsしか対応していません。

Mac OSXは対応していないので、今回はVMware Fusion上のWin7で実施しました。

・準備

FY-G4Sに付属しているUSBコネクタをPCに接続しダウンロードしUSBドライバーを導入します。

ドライバーの導入が完了したら、デバイスマネージャーを開き、「ポート(COMとLPT)」から

「Sillcon Labs CP210x USB to UART Bridge」を確認します。

2016-04-16 15.48.27

確認する項目は、COM番号とポートの通信速度です。

COM番号はデバイスマネージャーを開いた時点で確認できます。

画像ではCOM4になっています。

通信速度の設定は、デバイスマネージャーより「Sillcon Labs CP210x USB to UART Bridge」を選択し

右クリック→プロパティを開きます。

ポート設定を開き、一番上の項目、「ビット/秒(B)」を115200に変更しOKをクリックします。

2016-04-16 15.53.57

以上でUSBの設定は完了です。

・アプリの設定

USBの設定が完了したら、ファームウェアをアップデートするソフトの設定に入ります。

先ほどダウンロードした、G4S 3-Axis Gimbal Firmware Upgrade Softwareを解凍し、Gimbal-Update-3AXISを起動します。

COMポートと通信速度を先ほどデバイスマネージャーで確認、設定した数値に設定します。

スクリーンショット 2016-04-16 18.48.00

私の環境だと、COM4の115200になります。

OPEN FILEをクリックし、先ほどダウンロードしたファームウェアを選択します。

スクリーンショット 2016-04-16 18.51.50

ファームウェアが読み込まれます。

スクリーンショット 2016-04-16 18.52.07

ファームが読み込まれたら、COMポートの横にあるOPENボタンをクリックします。

ここまでアプリの設定は完了です。この時点ではまだPCとFY-G4Sは接続しないでください。

・ファームアップの実行

FY-G4SのUSBポートとPCを接続します。

接続したら、電源を投入します。アプリにLINK OK!の文字と現在のVersionが表示されます。

ファームアップ済みのため、1.26になっています。

ファームアップ済みのため、1.26になっています。

後はUPDATEボタンをクリックすればファームアップがスタートします。

ファームアップが完了した、COMポート横のCLOSEボタンをクリックし、アプリを終了させてから、

FY-G4Sと本体の接続を解除してください。

以上でファームアップの手順は終了です。

・私がつまずいたポイント

1、バッテリーは取り外すな

ファームアップ方法をWebで検索すると、日本語の情報ではまだFY-G4Sのものがなく、

FY-G4の物が引っかかります。

そこには、必ずバッテリーを取り外すようにと記載されています。

実際、FY-G4のマニュアルを見ると、そのように記載されております。

しかしFY-G4Sの場合、バッテリーが装着されていないと、ファームアップできません。

マニュアルにもバッテリーを取り外せとの指示はないです。

 

2、ファームアップ前に電源ボタンを押してジンバルに電源を入れる

こちらも、FY-G4との違いで、FY-G4はUSBを挿入すると勝手に電源が入り、PCとのLINKが完了します。

しかし、FY-G4Sは自分で電源ボタンを押してたちが得ないといけません。

まだ、FY-G4Sの情報が少ないため、FY-G4と同じ手順で行うとアップデートができません。

この投稿が、お役に立てれば幸いです。


FEIYU TECH G4S



GoPro HERO4 HERO3+ HERO3対応の手持ちジンバル、FY-G4Sを購入しました。

電池の充電が完了するまでの間、開封レポートを。

中華ブランドですが、パッケージのデザインも質感も非常にいいです。

中華ブランドですが、パッケージのデザインも質感も非常にいいです。


箱を開けると、カーボン調のキャリングケースが現れます。けっこう嬉しいおまけです。

箱を開けると、カーボン調のキャリングケースが現れます。けっこう嬉しいおまけです。


パーツがきれいに収まっています。

パーツがきれいに収まっています。


中身は、ジンバル本体、グリップ、電池4本、充電器、USBケーブル、ビデオケーブルなどが入っています。

中身は、ジンバル本体、グリップ、電池4本、充電器、USBケーブル、ビデオケーブルなどが入っています。

GoPro対応G4シリーズは、無印のG4、G4QD、そして今回購入したG4Sと、

三種類存在しますが、それぞれの違いは、ジンバルの可動範囲と、GoProの固定方式の違いです。

可動範囲が360度のG4Sが最新モデルになります。

バッテリーの充電が完了したら、早速動作確認しようと思います。


iPad Proと純正シリコンケース



IMG_8558

2015年11月11日に発売開始になったiPad Proを購入しました。

2015年11月11日にヨドバシ・ドット・コムで注文。

2015年11月13日にiPad Proと純正シリコンケースのみ到着。

同時に注文したApple PencilとSmart Keyboardはまだ納品していません。

購入したモデルはWiFi32GBのスペースグレイ。シリコンケースはチャコール。

Apple PencilとSmart Keyboardなどオプションを一揃えするとMacBook買えてしまう値段です。

では、iPad Proの開封から画像で。

箱のサイズはMacBook Airとほぼ同じような感じです。

箱のサイズはMacBook Airとほぼ同じような感じです。


箱を開けると笑っちゃうほどデカイiPadが出てきます。今までと違って半透明のフィルムに包まれています。

箱を開けると笑っちゃうほどデカイiPadが出てきます。今までと違って半透明のフィルムに包まれています。


付属品はACアダプター、Lightningけーブル、説明書になります。

付属品はACアダプター、Lightningけーブル、説明書になります。


このLightningがやたら長い。Apple Watch付属の充電ケーブルと同じ感じ。

このLightningがやたら長い。Apple Watch付属の充電ケーブルと同じ感じ。


感覚的には13インチのノートパソコンより大きく感じます。

感覚的には13インチのノートパソコンより大きく感じます。


iPad ProではなくiPadと表記されています。

iPad ProではなくiPadと表記されています。


純正シリコンケースはやたら高いなと思いますが購入。

今までのiPad純正ケースと同じパッケージです。

今までのiPad純正ケースと同じパッケージです。


裏面

裏面


このサイズを考えるとこの値段でも仕方ないと思ったり思わなかったり。

このサイズを考えるとこの値段でも仕方ないと思ったり思わなかったり。


内側です。

内側です。


左側には、SmartKeyboard用の接点があるのでその部分はカバーされておりません。

左側には、SmartKeyboard用の接点があるのでその部分はカバーされておりません。

画面の保護はこちらを購入しました。

IMG_8562

IMG_8563

初のガラスフィルムだったことと値段がやたら安いので心配だったのですが、しっかり梱包されていました。

ただ、ガラス素材ということで厚みが多少あるので、Apple Pencilでの挙動がどうなるか気になるところです。

1日使った感想ですが、Pro特有のオプションが揃っていない状態ではただのデカイiPadですが、

スピーカーが4つになった威力はかなり体感できます。iPadで動画をよく見る人はちょっと感動するレベルだと思います。

BUFFARO WZR-1750HP



NEC Aterm WR8700Nが突然死したため、WZR-1750HPを急遽購入。

11ac対応が売りなんですが、対応機器がないので評価できず。

無線も広範囲とのことでしたが、NEC Aterm WR8700Nがと大して変わらない印象。

機能もさほど変わらないので、本領発揮は11ac対応Macを買ってからかな?

パッケージの表

パッケージの表

裏側

裏側

側面

側面

全面

全面

ポート類。USB3.0でHDDが接続出来ます。

ポート類。USB3.0でHDDが接続出来ます。

WR8700と比較するとかなりでかい。

WR8700と比較するとかなりでかい。

GoPro HD HERO2故郷へ帰る


GoPro HD HERO2をv.222にファームウェアアップデートしたところ見事に失敗。。。

起動後、数秒でフリーズするようになってしまいました。

いろいろ調べましたが、結局数秒でフリーズしてしまうので、

ファームウェアダウンもできず。

最後の手段、GoProのサポートに連絡する。

しかし、円高真っ只中にeBayで購入したので、もちろん国内サポートは無理。

なもんで、無理やりな英語でサポートフォームに記入。

すると、数時間後に届いたサポートからのメールはなんと日本語!!

しばらくは、サポートフォームに国籍日本にした為、

日本のサポートに繋がったのだと思っていましたが、

2013年3月よりアメリカ本社でも日本語対応を始めたそうです。

並行輸入で買った皆さんにはかなりの朗報です!

まずは、症状の切り分けのためファームの入れ直しなど、

色々な作業を指示されましたが、どれもダメだったので結局交換対応に。

交換のための条件として、購入時のレシートなどが必要とのこと。

それがなければ、新品で購入したことを証明できるものと、

GoProのパッケージの底部シリアルナンバーの画像が必要です。

私の場合、パッケージ底部の画像しか用意出来ませんでしたが、

無事交換対応になりました。

返送時の注意点は、付属物を一切付けずに本体のみを送ること。

もちろん電池も外します。

片道分の送料はこちら持ちです。郵便局よりEMSで1200円でした。

発送から2週間で無事に交換品が到着!

輸入したGoProに不具合が出ちゃった方は、日本語対応OKが本社サポートに連絡してみましょう!

こんな箱に入れられて日本へ到着

こんな箱に入れられて日本へ届きました。

P1030537

箱のなかからGoProの入った小箱。

P1030539

米国内で使える送料無料クーポンがついてきました。

GoPro on PIST


GoProをPISTに取り付けて走行しました。

P1030290

P1030292

取り付けに使用したのは、ロールバーマウント[GRBM30]

Ride Hero(シートポストマウント)よりも太いものに対応できる。

SoftBank SELECTION Digital TV Tuner



iPhone5に機種変をして、残ったiPhoneを家族用に新規契約したので、

デジタルTVチューナー SB-TV02-WFPLが届きました。

こんなキャンペーンやってたの知らなかったんだけど、157からSMSが届いたので登録したら、

一週間程度で届きました。

早速、セットアップ。

Apple純正品ぽい感じの白い筐体。

付属品は、mini B-CASカード、LANケーブル、アンテナケーブル、アダプター、説明書類。

接続は簡単。B-CASカードを挿入して、アンテナ線、電源アダプターを接続するだけ。

続いてiOSデバイス側の設定。App storeからStation TViをダウンロードします。

設定からWi-Fiを選択します。チューナーのSSIDが表示されたら接続します。

チューナーのSSIDと接続パスワード(KEY)はチューナーの裏側にあります。

起動すると説明画面が表示されます。

チャンネルの設定画面。千葉県在住なので千葉を選択。

チャンネルのサーチが完了すると、受信できるチャンネルの一覧が表示されます。

綺麗に受信できています。放送より10秒弱遅れて表示されてる感じです。

と、TVは無事に見られるようになりましたが、この状態だとネットができません。

いちいち、Wi-Fiの設定を変更するのも面倒くさいです。

すでに、無線LANルーターを導入している環境では、ルーター経由でチューナーにアクセスする設定ができます。

では、STモードの設定方法を紹介します。

StationTViを起動させて設定を選択する。設定画面のWi−Fi設定より、STモードを選択。

ネットワークの設定でチューナーのIPを設定します。通常はDHCP自動所得でOKです。続いて、ルーター情報に自分の環境のルーター情報を入力します。

決定をタップすると、設定完了のダイアログが表示されます。この時点でチューナーのSSIDは表示されなくなります。iOSデバイス側のWi-Fi設定を変更して完了。

以上の設定で、いつものWi-Fi環境でチューナーにアクセスできるようになりました。

機能的にも非常にシンプルで設定も簡単ですので、iPadiPhoneTVとして使いたい方にはお勧めです。

cheero Power Plus


Amazonで家電ジャンル人気ナンバー1のcheero Power Plusを購入したのでアンボックス。

中華なバッテリーをイメージしてましたが、結構立派なパッケージ。

パッケージの裏側。

キャリングポーチ、本体、USBケーブル、変換コネクタ、説明書が入っています。

バッテリー残量確認はかなり明るい青色LED。

側面にはON/OFFスイッチ。

出力用USBポートが2つ、本体充電用のマイクロUSBポートがひとつ。

大きさはエネループモバイルバッテリーの二個分。

大容量、格安なのに質感もデザインも悪くないです。

モバイルバッテリーを迷っている方は是非!

充電ボックスをDIY


iOSAndroidWindowsPhoneスマートフォンタブレットガジェットが増えに増え,

電源エリアがカオティックな状態なので、充電ボックスDIYしました。

ダイソーで購入したコンテナボックスの側面をカッターなどで切り開いて、電源タップを埋め込みます。

こんな感じで、個別に電源が切れるように半分だけ埋め込んで、タイラップで固定。

そのまま、ACアダプターを挿すと高さの関係で、二段重ねにできなくなるので短い延長ケーブルを経由。

一段目から電源ケーブル類を通すための穴を開けます。

なんとなく牧場風にしたくなったので人工芝を敷きます。これもダイソーで100円。

うさぎを置いて、草原ぽくしてみる。

重ねて完成です。

材料費は・・・・

コンテナボックスx2 200円

人工芝x2 200円

電源タップ 1000円

延長ケーブルとACアダプター類は家にあったので0円

合計1400円

100円ショップは創作意欲を刺激しますね!

Google Nexus 7


7インチタブレットが気になっていたところで、本家GoogleがNexus 7を発表。

個人輸入するまでもないので、日本発売になったら買おうと思っていたら、

2012/9/25突然の発売。

即オンラインで注文。

4日後には家に到着したので早速開封しました。

はるばる香港からやって来ました。

FedExの早い便を使ってるのに送料無料。

伝票の下にはカラフルな箱が。

なかなかおしゃれな化粧箱。

側面はこんな感じ。製造メーカーASUSのロゴが入ってます。

裏面

7インチはやはり持ちやすい。箱だけど。

カバーをはがすとシックな箱が現れます。

箱を開けると本体が。

本体の下には、マニュアルやアダプター、USBケーブルが入っています。

液晶保護シートはiBUFFALOをチョイス。

さすがのリファレンスモデル。ガクツキ感はありません。

iPadより断然軽いので、寝っ転がってHuluで映画を見るのも楽ちん。

寝落ちしかけて、頭に落下してもiPadより被害は軽いはず。

このスペックで2万円切っているなら、これからタブレットを考えてる人にはお勧めです。

もちろん、一番のおすすめはiPadですけど。

TOP

about car radio

1978年生まれ
Mac、PC、Gadget、自転車、SNOWBORD、
バンド、音楽、楽器、台湾、アジア
大好き。
twitter
mixi