FEIYU TECH G4Sのファームアップ



先日購入したFY-G4Sのファームウェアを早速バージョンアップしました。その時、つまずいたポイントも合わせてメモ。

まず、アップデートに必要なファイルをダウンロードします。

DL先は、http://www.feiyu-tech.com/にアクセスし、

Supportから使用機種(今回はFY-G4S)を選択します。

ダンロードするファイルは下記になります。(2016/4/16現在)

USB Drive

G4S 3-Axis Handheld Gimbal Firmware V1.26

G4S 3-Axis Gimbal Firmware Upgrade Software

アップデートに使用するパソコンのOSはWindowsしか対応していません。

Mac OSXは対応していないので、今回はVMware Fusion上のWin7で実施しました。

・準備

FY-G4Sに付属しているUSBコネクタをPCに接続しダウンロードしUSBドライバーを導入します。

ドライバーの導入が完了したら、デバイスマネージャーを開き、「ポート(COMとLPT)」から

「Sillcon Labs CP210x USB to UART Bridge」を確認します。

2016-04-16 15.48.27

確認する項目は、COM番号とポートの通信速度です。

COM番号はデバイスマネージャーを開いた時点で確認できます。

画像ではCOM4になっています。

通信速度の設定は、デバイスマネージャーより「Sillcon Labs CP210x USB to UART Bridge」を選択し

右クリック→プロパティを開きます。

ポート設定を開き、一番上の項目、「ビット/秒(B)」を115200に変更しOKをクリックします。

2016-04-16 15.53.57

以上でUSBの設定は完了です。

・アプリの設定

USBの設定が完了したら、ファームウェアをアップデートするソフトの設定に入ります。

先ほどダウンロードした、G4S 3-Axis Gimbal Firmware Upgrade Softwareを解凍し、Gimbal-Update-3AXISを起動します。

COMポートと通信速度を先ほどデバイスマネージャーで確認、設定した数値に設定します。

スクリーンショット 2016-04-16 18.48.00

私の環境だと、COM4の115200になります。

OPEN FILEをクリックし、先ほどダウンロードしたファームウェアを選択します。

スクリーンショット 2016-04-16 18.51.50

ファームウェアが読み込まれます。

スクリーンショット 2016-04-16 18.52.07

ファームが読み込まれたら、COMポートの横にあるOPENボタンをクリックします。

ここまでアプリの設定は完了です。この時点ではまだPCとFY-G4Sは接続しないでください。

・ファームアップの実行

FY-G4SのUSBポートとPCを接続します。

接続したら、電源を投入します。アプリにLINK OK!の文字と現在のVersionが表示されます。

ファームアップ済みのため、1.26になっています。

ファームアップ済みのため、1.26になっています。

後はUPDATEボタンをクリックすればファームアップがスタートします。

ファームアップが完了した、COMポート横のCLOSEボタンをクリックし、アプリを終了させてから、

FY-G4Sと本体の接続を解除してください。

以上でファームアップの手順は終了です。

・私がつまずいたポイント

1、バッテリーは取り外すな

ファームアップ方法をWebで検索すると、日本語の情報ではまだFY-G4Sのものがなく、

FY-G4の物が引っかかります。

そこには、必ずバッテリーを取り外すようにと記載されています。

実際、FY-G4のマニュアルを見ると、そのように記載されております。

しかしFY-G4Sの場合、バッテリーが装着されていないと、ファームアップできません。

マニュアルにもバッテリーを取り外せとの指示はないです。

 

2、ファームアップ前に電源ボタンを押してジンバルに電源を入れる

こちらも、FY-G4との違いで、FY-G4はUSBを挿入すると勝手に電源が入り、PCとのLINKが完了します。

しかし、FY-G4Sは自分で電源ボタンを押してたちが得ないといけません。

まだ、FY-G4Sの情報が少ないため、FY-G4と同じ手順で行うとアップデートができません。

この投稿が、お役に立てれば幸いです。


FEIYU TECH G4S



GoPro HERO4 HERO3+ HERO3対応の手持ちジンバル、FY-G4Sを購入しました。

電池の充電が完了するまでの間、開封レポートを。

中華ブランドですが、パッケージのデザインも質感も非常にいいです。

中華ブランドですが、パッケージのデザインも質感も非常にいいです。


箱を開けると、カーボン調のキャリングケースが現れます。けっこう嬉しいおまけです。

箱を開けると、カーボン調のキャリングケースが現れます。けっこう嬉しいおまけです。


パーツがきれいに収まっています。

パーツがきれいに収まっています。


中身は、ジンバル本体、グリップ、電池4本、充電器、USBケーブル、ビデオケーブルなどが入っています。

中身は、ジンバル本体、グリップ、電池4本、充電器、USBケーブル、ビデオケーブルなどが入っています。

GoPro対応G4シリーズは、無印のG4、G4QD、そして今回購入したG4Sと、

三種類存在しますが、それぞれの違いは、ジンバルの可動範囲と、GoProの固定方式の違いです。

可動範囲が360度のG4Sが最新モデルになります。

バッテリーの充電が完了したら、早速動作確認しようと思います。


iPad Proと純正シリコンケース



IMG_8558

2015年11月11日に発売開始になったiPad Proを購入しました。

2015年11月11日にヨドバシ・ドット・コムで注文。

2015年11月13日にiPad Proと純正シリコンケースのみ到着。

同時に注文したApple PencilとSmart Keyboardはまだ納品していません。

購入したモデルはWiFi32GBのスペースグレイ。シリコンケースはチャコール。

Apple PencilとSmart Keyboardなどオプションを一揃えするとMacBook買えてしまう値段です。

では、iPad Proの開封から画像で。

箱のサイズはMacBook Airとほぼ同じような感じです。

箱のサイズはMacBook Airとほぼ同じような感じです。


箱を開けると笑っちゃうほどデカイiPadが出てきます。今までと違って半透明のフィルムに包まれています。

箱を開けると笑っちゃうほどデカイiPadが出てきます。今までと違って半透明のフィルムに包まれています。


付属品はACアダプター、Lightningけーブル、説明書になります。

付属品はACアダプター、Lightningけーブル、説明書になります。


このLightningがやたら長い。Apple Watch付属の充電ケーブルと同じ感じ。

このLightningがやたら長い。Apple Watch付属の充電ケーブルと同じ感じ。


感覚的には13インチのノートパソコンより大きく感じます。

感覚的には13インチのノートパソコンより大きく感じます。


iPad ProではなくiPadと表記されています。

iPad ProではなくiPadと表記されています。


純正シリコンケースはやたら高いなと思いますが購入。

今までのiPad純正ケースと同じパッケージです。

今までのiPad純正ケースと同じパッケージです。


裏面

裏面


このサイズを考えるとこの値段でも仕方ないと思ったり思わなかったり。

このサイズを考えるとこの値段でも仕方ないと思ったり思わなかったり。


内側です。

内側です。


左側には、SmartKeyboard用の接点があるのでその部分はカバーされておりません。

左側には、SmartKeyboard用の接点があるのでその部分はカバーされておりません。

画面の保護はこちらを購入しました。

IMG_8562

IMG_8563

初のガラスフィルムだったことと値段がやたら安いので心配だったのですが、しっかり梱包されていました。

ただ、ガラス素材ということで厚みが多少あるので、Apple Pencilでの挙動がどうなるか気になるところです。

1日使った感想ですが、Pro特有のオプションが揃っていない状態ではただのデカイiPadですが、

スピーカーが4つになった威力はかなり体感できます。iPadで動画をよく見る人はちょっと感動するレベルだと思います。

GL06Pを台湾で使う



GL06Pを台湾の中華電信SIMで使用する際の設定方法です。

ここでは、iPadで設定する方法を紹介いたします。基本的にはPC、スマートフォン、Androidタブレットでも同じです。

1,iPadとGL06Pを接続します。

2,safari等のwebブラウザでpocketwifi.homeもしくは192.168.13.1にアクセスします。

3,GL06P設定ツールにログインします。

IMG_0019

4,設定ツールから設定→WAN設定→プロファイル設定を選択します。

IMG_0020

5,プロファイルリストを編集します。特に新規設定のボタンなどはないので、
国内設定を上書きするような感じで設定します。実際には上書きされず新しいプロファイルが作成されます。

6,下記の項目を書き換えます。
プロファイル名 任意の名前(渡しの場合はchunghwaと設定しております。)
ユーザー名 空白
パスワード 空白
認証方式 PAP
APN スタティック internet
IPアドレス ダイナミック

IMG_0022

7,以上の項目を入力したら保存をタップしプロファイルの作成は終了です。

8,設定ツールからログアウトし、プロファイル変更をします。

IMG_0023

9,ローミング設定ページヘ移動し、国際ローミング設定を有効にします。

IMG_0007

以上の作業でGL06Pを中華電信SIMで運用することが可能です。

手順4の項目を変更するだけで他の台湾キャリアのSIMはもちろん他の国のSIMでも通信できます。

注意点としては、手順9の国際ローミングの設定はGL06Pの再起動などで設定がリセットされます。

そのため、私はモバイルバッテリーを繋げて滞在中は電源が落ちないようにしております。

台湾モバイル事情2013年末〜2014年初変



2013年年末、2014年年始と相変わらず台湾によく行くので、

ここ最近の旅行者向けモバイル事情をご報告いたします。

2013年年末に、羽田空港発松山空港着の便で渡台しました。

松山空港は桃園空港と違い、通信キャリアのカウンターが中華電信一社しかありません。

そのため、タイミングによっては激混みです。

ツアーなんかで行く場合は、ツアーの集合時間もあるでしょうし最悪買えない場合があります。

なので、もしツアーで行く場合は、誰よりも速く入国審査をクリアしましょう。

そんなわけで、前回は台湾モバイルのSIMカードを購入しましたが、

今回は中華電信一択なのでこちらを購入。

通話料も含まれたプランも有りますが、通話はIP電話等でOKなので完全通信のみのプランで購入。

価格は、台湾モバイルと同じです。

1日(24時間)NT$100
3日(72時間)NT$250
5日(120時間)NT$300
7日(168時間)NT$450
10日(240時間)NT$500
30日(720時間)NT$900

円安の影響で現在NT$1=3.4円前後です。

通常ツアーなんかだと3泊4日が多いので3日プランを購入すればいいと思います。

3日と言っても開通から72時間なので4日目の途中まで使えますし、

期限が来る頃には空港のFree WiFiの圏内に入っていますのでご安心を。

今回は2泊3日の割りと強行旅だったのですが、1月初旬にもまた渡台するので、

30日プランを購入しました。

カウンターのお兄さんは標準SIMをおもむろにSIMカッターでナノサイズにカットした後、

マイクロサイズアダプターに入れて渡してくれました。

sim

アクティベーションからチャージまで全て完了しているので、

あとは、端末にSIMをセットして通信の設定が済めば通信可能です。

前回はIDEOSGALAXY NEXUSをSIMフリーに改造したものを使っていましたが、

今回は、SIMフリーのモバイルWiFiルータであるGL06Pを使うことにしました。

GL06PへのAPNの設定はタブレットやスマホから行います。

この辺は、出国前に日本でやっちゃってもいいかもしれないですね。

中華電信も台湾モバイルもAPNの設定は同じです。

APN internet

usernameとpasswordは空白です。

スマホやタブレットではこれで通信可能なんですが、

GL06Pはもう一作業必要になります。

設定画面にて国際ローミングを有効にする必要になります。

この設定、デフォルトでは無効になってますので、再起動なんかすると無効になってしまうので、

その度有効にしなければ通信できません。

詳しい設定方法は、別記事にします。

iMac 2011 32GB化



iMac 2011モデルのRAMを32GB化しました。

使用したRAMはこちら

2セット購入して安定動作中です。

32

MacでSubsonicがうまく動作しない場合



サーバMacのOSをOS X Mavericksに変えたのが原因かSubsonicが4.9になったのが原因かわかりませんが、

突然、Subsonicが使えなくなってしまいました。

コントロールパネルを開くと下記画像のようなエラーが吐かれています。

ss

対策としては、/ライブラリ/Application Support/にSubsonicのフォルダーがなければ、

フォルダーを作成すればOKです。

Subsonicフォルダーが存在していればリネームして新しくSubsonicフォルダーを作成します。

以上の作業でSubsonicが復活します。

EMOBILE GL06P



LTE対応のMobile Wi-FiルータGL06Pが、一括購入で使い放題2480円との事なので、

今まで使ってた、007Zと同じ維持費。それならLTE対応大容量バッテリーなGL06Pのほうがお得。

早速、近所のドンキに行って価格交渉すると、あっさり一括980円でOKでした。

店頭表示は、一括なしで15000円の商品券でした。

で、二年縛りで購入した007Zの方はプラン変更で0円運用(ユニバーサル料別)するので、

あと1年は塩漬けします。

速度に関しては、我が家では残念ながら007zの3Gに負ける時があります。

都内に出るとさすがにGL06Pのほうが速いですね。

何よりもバッテリーの持ちがいいのが嬉しいです。

EMOBILEの箱は質感が良いです。

EMOBILEの箱は質感が良いです。

さすがに12時間バッテリーが持つだけあってズッシリ。

さすがに12時間バッテリーが持つだけあってズッシリ。

鏡面仕上げでピカピカ。

鏡面仕上げでピカピカ。

裏蓋はマットな質感です。

裏蓋はマットな質感です。

大容量バッテリー。でかい!

大容量バッテリー。でかい!

007zとの比較。

007zとの比較。

BUFFARO WZR-1750HP



NEC Aterm WR8700Nが突然死したため、WZR-1750HPを急遽購入。

11ac対応が売りなんですが、対応機器がないので評価できず。

無線も広範囲とのことでしたが、NEC Aterm WR8700Nがと大して変わらない印象。

機能もさほど変わらないので、本領発揮は11ac対応Macを買ってからかな?

パッケージの表

パッケージの表

裏側

裏側

側面

側面

全面

全面

ポート類。USB3.0でHDDが接続出来ます。

ポート類。USB3.0でHDDが接続出来ます。

WR8700と比較するとかなりでかい。

WR8700と比較するとかなりでかい。

Mac mini 2011を16GBにメモリ増設



Macminiのメモリを8GBから16GBにアップデートしました。

購入したメモリはこちら

シー・エフ・デー販売 ノートPC用メモリ DDR3 SO-DIMM PC3-12800 CL11 8GB 2枚組 W3N1600Q-8G/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】

フラストレーション・フリー・パッケージ!

フラストレーション・フリー・パッケージ!

中にはダンボールが入ってます。

中にはダンボールが入ってます。

かなり簡素なパッケージ。

かなり簡素なパッケージ。

安けりゃOK!!

安けりゃOK!!

交換は簡単なので特に画像は載せません。

交換は簡単なので特に画像は載せません。

いっちょ出来上がり!

いっちょ出来上がり!

ちゃんと16GB認識されました!

ちゃんと16GB認識されました!

TOP

about car radio

1978年生まれ
Mac、PC、Gadget、自転車、SNOWBORD、
バンド、音楽、楽器、台湾、アジア
大好き。
twitter
mixi



 
QR Code Business Card