カテゴリー : GoPro

FEIYU TECH G4Sのファームアップ



先日購入したFY-G4Sのファームウェアを早速バージョンアップしました。その時、つまずいたポイントも合わせてメモ。

まず、アップデートに必要なファイルをダウンロードします。

DL先は、http://www.feiyu-tech.com/にアクセスし、

Supportから使用機種(今回はFY-G4S)を選択します。

ダンロードするファイルは下記になります。(2016/4/16現在)

USB Drive

G4S 3-Axis Handheld Gimbal Firmware V1.26

G4S 3-Axis Gimbal Firmware Upgrade Software

アップデートに使用するパソコンのOSはWindowsしか対応していません。

Mac OSXは対応していないので、今回はVMware Fusion上のWin7で実施しました。

・準備

FY-G4Sに付属しているUSBコネクタをPCに接続しダウンロードしUSBドライバーを導入します。

ドライバーの導入が完了したら、デバイスマネージャーを開き、「ポート(COMとLPT)」から

「Sillcon Labs CP210x USB to UART Bridge」を確認します。

2016-04-16 15.48.27

確認する項目は、COM番号とポートの通信速度です。

COM番号はデバイスマネージャーを開いた時点で確認できます。

画像ではCOM4になっています。

通信速度の設定は、デバイスマネージャーより「Sillcon Labs CP210x USB to UART Bridge」を選択し

右クリック→プロパティを開きます。

ポート設定を開き、一番上の項目、「ビット/秒(B)」を115200に変更しOKをクリックします。

2016-04-16 15.53.57

以上でUSBの設定は完了です。

・アプリの設定

USBの設定が完了したら、ファームウェアをアップデートするソフトの設定に入ります。

先ほどダウンロードした、G4S 3-Axis Gimbal Firmware Upgrade Softwareを解凍し、Gimbal-Update-3AXISを起動します。

COMポートと通信速度を先ほどデバイスマネージャーで確認、設定した数値に設定します。

スクリーンショット 2016-04-16 18.48.00

私の環境だと、COM4の115200になります。

OPEN FILEをクリックし、先ほどダウンロードしたファームウェアを選択します。

スクリーンショット 2016-04-16 18.51.50

ファームウェアが読み込まれます。

スクリーンショット 2016-04-16 18.52.07

ファームが読み込まれたら、COMポートの横にあるOPENボタンをクリックします。

ここまでアプリの設定は完了です。この時点ではまだPCとFY-G4Sは接続しないでください。

・ファームアップの実行

FY-G4SのUSBポートとPCを接続します。

接続したら、電源を投入します。アプリにLINK OK!の文字と現在のVersionが表示されます。

ファームアップ済みのため、1.26になっています。

ファームアップ済みのため、1.26になっています。

後はUPDATEボタンをクリックすればファームアップがスタートします。

ファームアップが完了した、COMポート横のCLOSEボタンをクリックし、アプリを終了させてから、

FY-G4Sと本体の接続を解除してください。

以上でファームアップの手順は終了です。

・私がつまずいたポイント

1、バッテリーは取り外すな

ファームアップ方法をWebで検索すると、日本語の情報ではまだFY-G4Sのものがなく、

FY-G4の物が引っかかります。

そこには、必ずバッテリーを取り外すようにと記載されています。

実際、FY-G4のマニュアルを見ると、そのように記載されております。

しかしFY-G4Sの場合、バッテリーが装着されていないと、ファームアップできません。

マニュアルにもバッテリーを取り外せとの指示はないです。

 

2、ファームアップ前に電源ボタンを押してジンバルに電源を入れる

こちらも、FY-G4との違いで、FY-G4はUSBを挿入すると勝手に電源が入り、PCとのLINKが完了します。

しかし、FY-G4Sは自分で電源ボタンを押してたちが得ないといけません。

まだ、FY-G4Sの情報が少ないため、FY-G4と同じ手順で行うとアップデートができません。

この投稿が、お役に立てれば幸いです。


FEIYU TECH G4S



GoPro HERO4 HERO3+ HERO3対応の手持ちジンバル、FY-G4Sを購入しました。

電池の充電が完了するまでの間、開封レポートを。

中華ブランドですが、パッケージのデザインも質感も非常にいいです。

中華ブランドですが、パッケージのデザインも質感も非常にいいです。


箱を開けると、カーボン調のキャリングケースが現れます。けっこう嬉しいおまけです。

箱を開けると、カーボン調のキャリングケースが現れます。けっこう嬉しいおまけです。


パーツがきれいに収まっています。

パーツがきれいに収まっています。


中身は、ジンバル本体、グリップ、電池4本、充電器、USBケーブル、ビデオケーブルなどが入っています。

中身は、ジンバル本体、グリップ、電池4本、充電器、USBケーブル、ビデオケーブルなどが入っています。

GoPro対応G4シリーズは、無印のG4、G4QD、そして今回購入したG4Sと、

三種類存在しますが、それぞれの違いは、ジンバルの可動範囲と、GoProの固定方式の違いです。

可動範囲が360度のG4Sが最新モデルになります。

バッテリーの充電が完了したら、早速動作確認しようと思います。


GoPro HD HERO2故郷へ帰る


GoPro HD HERO2をv.222にファームウェアアップデートしたところ見事に失敗。。。

起動後、数秒でフリーズするようになってしまいました。

いろいろ調べましたが、結局数秒でフリーズしてしまうので、

ファームウェアダウンもできず。

最後の手段、GoProのサポートに連絡する。

しかし、円高真っ只中にeBayで購入したので、もちろん国内サポートは無理。

なもんで、無理やりな英語でサポートフォームに記入。

すると、数時間後に届いたサポートからのメールはなんと日本語!!

しばらくは、サポートフォームに国籍日本にした為、

日本のサポートに繋がったのだと思っていましたが、

2013年3月よりアメリカ本社でも日本語対応を始めたそうです。

並行輸入で買った皆さんにはかなりの朗報です!

まずは、症状の切り分けのためファームの入れ直しなど、

色々な作業を指示されましたが、どれもダメだったので結局交換対応に。

交換のための条件として、購入時のレシートなどが必要とのこと。

それがなければ、新品で購入したことを証明できるものと、

GoProのパッケージの底部シリアルナンバーの画像が必要です。

私の場合、パッケージ底部の画像しか用意出来ませんでしたが、

無事交換対応になりました。

返送時の注意点は、付属物を一切付けずに本体のみを送ること。

もちろん電池も外します。

片道分の送料はこちら持ちです。郵便局よりEMSで1200円でした。

発送から2週間で無事に交換品が到着!

輸入したGoProに不具合が出ちゃった方は、日本語対応OKが本社サポートに連絡してみましょう!

こんな箱に入れられて日本へ到着

こんな箱に入れられて日本へ届きました。

P1030537

箱のなかからGoProの入った小箱。

P1030539

米国内で使える送料無料クーポンがついてきました。

GoPro on PIST


GoProをPISTに取り付けて走行しました。

P1030290

P1030292

取り付けに使用したのは、ロールバーマウント[GRBM30]

Ride Hero(シートポストマウント)よりも太いものに対応できる。

GoPro HERO HD2 with Ride HERO on PIST BIKE


GoProRide Hero(シートポストマウント)でPISTシートポストに装着して、後方の動画を撮影しました。

マウントの締め付けが甘かったのか、段差を超える度に徐々に角度が下がっちゃってます。

豊富なオプションで、手軽に色々なアングルの撮影ができちゃうGoProは自転車と相性バッチリですね。

GoPro収納ケース


GoProが増えてきたので、収納や持ち運びを考えてケースを購入しました。

参考にしたのはhightimesさんのブログ

プロテクターツールケースペリカンケース風の防滴ケース。

かなりしっかりした作りです。でも、本家と比べて超リーズナブル。

別売りのクッションと組み合わせることで、

好きなサイズに仕切りが作れます。

こんな感じで、収納できます。

蓋の部分にもクッションあり。

GoPro HD HERO2のオマケのステッカーを貼ります。

取っ手の部分にもステッカーチューン。

Gopro用ビデオステー(追い撮り棒)その4 如意棒テスト映像の巻


2012/2/25

朝方、土砂降りの雨が降るかぐらみつまた駐車場でしたが、

ゴンドラでゲレンデに着けば、そこはパウダーでした。

そんなわけで、GoProSLIK 一脚 Sポールデジタルにくっつけて撮影してきました。

やっぱり、ストラップは付けたいですね。

Gopro用ビデオステー(追い撮り棒)その3 如意棒の巻


GoPro用のステーを2個ほど自作してきましたが、今回は既製品。

所謂、一脚です。伸縮するものが多いので、如意棒なんて呼ばれますね。

一脚の場合、追い撮りと言うよりも自分撮りのほうがニーズがありそうです。

広角レンズで、パウダースプレーまき散らしながら滑る姿を撮影してうっとりしたいものです。

しかし、一般的な一脚は、太い部分にグリップとカメラ取り付けネジ、

細い部分が地面への接地部になっています。

これだと、細い方を握って撮影するか、一脚先端部を加工する必要が出てきます。

そこで、カメラ取付部が先端にある商品が無いかと調べたら、ありました。

SLIK 一脚 Sポールデジタル

正に、理想的です。
続きを読む

GoPro HD HERO2輸入記


ウェアラブルビデオカメラの決定版GoProの最新版が発売されました。

今回は前回と違い、国内販売価格もけっこう頑張っています。

しかし、超円高の昨今、素直に買いたくないのが人情ってものです。

前回はちゃんと国内代理店から購入させてもらったんで、今回は個人輸入することに。

GoProは、各国の代理店保護のためか、個人輸入が本家サイトからしかできない様子です。

(他にも何箇所かありますが、価格的に国内で買うのとあまり変わりません)

送料がUSD70くらいと少し高いので、仲間内と共同購入とかなら有りですが、

1つ2つの購入にはちょっと向きません。

頼みのebayも日本向に出品している所がありませんでした。GoPro HD HEROの頃は。

しかし、GoPro HD HERO2は結構ebayで海外発送OKで出品されています。

しかも、数ドル安く送料もそんなに高くない。

早速、一番安そうな出品者から二個購入してみました。

USD274.50で送料がUSD38.99、

これが二個になると、USD549、送料USD51.98の合計USD600.98になりました。

購入時のカード会社の為替レートがUSD1が78.253円だったので、

47,028円で購入することが出来ました。

一台あたり23,514円。

しかし、送料をけちってしまったため、

到着まで3週間弱かかってしまいました。

トラッキングはこんな感じ。

続きを読む

Gopro用ビデオステー(追い撮り棒)その2


GoPro HD HERO 2が届いたので、もう一個ビデオステー(追い取り棒)を作りました。

今回は、ちょっと小ぶりで、GoPro専用です。

使用するステーは前回同様、和気産業の補助金具ステー。

ご近所のホームセンターで手に入らない場合は、楽天の

リーベのウッドデッキ&ガーデン

卸問屋 都築屋本舗

で売っています。

続きを読む

TOP

about car radio

1978年生まれ
Mac、PC、Gadget、自転車、SNOWBORD、
バンド、音楽、楽器、台湾、アジア
大好き。
twitter
mixi