iPhone5に機種変をして、残ったiPhoneを家族用に新規契約したので、

デジタルTVチューナー SB-TV02-WFPLが届きました。

こんなキャンペーンやってたの知らなかったんだけど、157からSMSが届いたので登録したら、

一週間程度で届きました。

早速、セットアップ。

Apple純正品ぽい感じの白い筐体。

付属品は、mini B-CASカード、LANケーブル、アンテナケーブル、アダプター、説明書類。

接続は簡単。B-CASカードを挿入して、アンテナ線、電源アダプターを接続するだけ。

続いてiOSデバイス側の設定。App storeからStation TViをダウンロードします。

設定からWi-Fiを選択します。チューナーのSSIDが表示されたら接続します。

チューナーのSSIDと接続パスワード(KEY)はチューナーの裏側にあります。

起動すると説明画面が表示されます。

チャンネルの設定画面。千葉県在住なので千葉を選択。

チャンネルのサーチが完了すると、受信できるチャンネルの一覧が表示されます。

綺麗に受信できています。放送より10秒弱遅れて表示されてる感じです。

と、TVは無事に見られるようになりましたが、この状態だとネットができません。

いちいち、Wi-Fiの設定を変更するのも面倒くさいです。

すでに、無線LANルーターを導入している環境では、ルーター経由でチューナーにアクセスする設定ができます。

では、STモードの設定方法を紹介します。

StationTViを起動させて設定を選択する。設定画面のWi−Fi設定より、STモードを選択。

ネットワークの設定でチューナーのIPを設定します。通常はDHCP自動所得でOKです。続いて、ルーター情報に自分の環境のルーター情報を入力します。

決定をタップすると、設定完了のダイアログが表示されます。この時点でチューナーのSSIDは表示されなくなります。iOSデバイス側のWi-Fi設定を変更して完了。

以上の設定で、いつものWi-Fi環境でチューナーにアクセスできるようになりました。

機能的にも非常にシンプルで設定も簡単ですので、iPadiPhoneTVとして使いたい方にはお勧めです。