WOWプロデューサーのDoggy92氏よりGoProで撮影したファイルの取り扱いについて質問があり、

HC100さんからもリクエストがあったので、しっかり答えられるように、今回試しに編集してみました。

新型のGoProはただ今輸入中なので、旧型で撮影。

今回の質問の内容は・・・・・

・60fpsで撮影したファイルのスムーズなスローモーション再生

GoProのファイルをFCP上でサクサク編集したい

以上二点。

確かに、MP4のままだと、要レンダリングでサクサク編集できません。

そこで、MPEG Streamclipy←フリーウェア

こいつで、ProRes422に変換してあげます。

ファイルサイズは軽く10倍になりますがFCP上でのハンドリングはかなり良い。

MPEG Streamclipを起動させ、変換したいファイルを開く。

File→Export to Quicktimeを選択し、変換設定を表示させる。

CompressionをApple ProRes 422

Qualityを100%

Frame Sizeは1280×720(unscaled)

に設定し[Make Movie]をクリック。

これでFCPで編集するのに最適な形式に変換されます。

お次は、フレームレートの変更。

普通の映像は、1秒間に24から30のコマ(fps)で構成されています。

GoProのr3モードではその倍の数の60コマを一秒間に記録することができます。

と言うことは、30fpsのシーケンス上に60fpsの映像を乗っけると、

0.5倍速の綺麗なスローモーションになります。

通常の30fpsの映像を0.5倍速にすると、15fpsになるのでカクカクしたスローモーションになります。

しかし、そのまま、GoProの60fpsファイルをFCPのシーケンスに乗っけても、綺麗なスローにはなりません。

なぜかというと、優秀なFCPは勝手にファイルを半分間引いて30fpsに変換してくれちゃうからです。

なので、Cinema Toolsで60fpsから30fpsに変換(コンフォーム)してあげます。

Cinema Toolsを起動する。

新規データーベース、既存のデーターベースどちらでもかまわないので選択して起動します。

何らかのダイアログが出ますが、キャンセルを選択。

ファイル→クリップを開くを選択

先ほど変換したMOVファイルを選択します。

コンフォームをクリックします。

ダイアログが表示されるので、FCPのシーケンスにあわせたフレームレートを設定します。

プロジェクトにもよりますが、通常は29.97fpsになります。

以上で変換作業は完了です。

60fpsを30fpsに変換することでファイル全体が1/2速のスローな動画になります。

FCP上で通常速度にしたい場合は、200%に速度変更します。

新しい、GoProだとWVGA限定ですが120fpsができるので、1/4速スロー再生試してみたいですね。

新型発売の影響で、旧型がバカ安になってます。操作性に癖がありますが、

映像はまだまだ結構行けるなって感じです。無茶するように一台あると面白いかも。