GoPro用のステーを2個ほど自作してきましたが、今回は既製品。

所謂、一脚です。伸縮するものが多いので、如意棒なんて呼ばれますね。

一脚の場合、追い撮りと言うよりも自分撮りのほうがニーズがありそうです。

広角レンズで、パウダースプレーまき散らしながら滑る姿を撮影してうっとりしたいものです。

しかし、一般的な一脚は、太い部分にグリップとカメラ取り付けネジ、

細い部分が地面への接地部になっています。

これだと、細い方を握って撮影するか、一脚先端部を加工する必要が出てきます。

そこで、カメラ取付部が先端にある商品が無いかと調べたら、ありました。

SLIK 一脚 Sポールデジタル

正に、理想的です。

この商品、元々は三脚のエクステンションバーだったり、ハイアングルから撮影する為の棒。

早速、Amazonで注文。

色が、ブラックチタンがあるのですが、

チタンのほうが200円程安かったので、チタンにしました。

で、商品到着。

いいです。理想的です。しっかりロックされるし、

サイズも伸長時630mm、縮小時290mmとバックパックに収まるサイズ。

伸ばすとこんな感じ

先端に1/4インチオスネジが生えてます。

GoProの自重でカメラが回転することなんてありません

(機構的にありえないので当たり前)。

グリップ部もしっかりしています。が若干太いので手が大きくないとちょっとつらいかな?

グリップ部にも1/4インチのネジ穴があるので、加工してストラップをつけると調子良さそうです。

GoPro用三脚アダプターをかまして直接マウントしてもいいですが、

やっぱり、自由雲台を載せたほうが操作性はいいです。

定価が7100円と割りとビビる価格ですが、Amazonで結構安く買えました。

同様の商品で、KUP-50っていうのもあります。

こっちのほうが、ちょっと短めですが、軽いし安いです。

そのうち、KUP-50も買ってみてレビューしたいです。

最近、GoPro関連の出費がひどいです。。。。。