台湾モバイルプリペイドSIMは、購入後、使用開始から半年間、電話番号がキープされます。

なので、半年以内に再度台湾に訪れる際は、空港でSIMを購入しなくても、

コンビニ等でリチャージすれば、再度利用開始できます。

そのリチャージの方法を紹介いたします。

いくつか、方法はあるのですが一番手軽なのがコンビニでのチャージ。

手段は二つ。

1.チャージ用のカードを購入する

2.ibonというキオスク端末からバウチャー発行(セブンイレブン限定)

何店舗かセブンイレブンをめぐりましたが、

チャージ用カードは店内に置いていない(カウンター内にある可能性アリ)ので、

中国語のできない旅行者には、ibonでのはバウチャー発行をオススメします。

手順は簡単。

まず、セブンイレブンに行き、ibonを探します。Xeroxのコピー機とセットになって置いてあります。

ibonのトップ画面にコインのアイコンが付いた「儲値」という項目があるので、タッチします。

遷移した画面にある「電信加値」をタッチ。

注意が表示されるので、同意をタッチします。

中華電信や遠傅など各キャリアのアイコンが表示されます。ここで台湾モバイルの「fun心」をタッチ。

次に、チャージしたい値段が表示されます。$300,$600,$1000と三種類。

必要な金額を選択後に、発行数を入力します。通常は1ですよね。

そうすると、レシートが発行されるので、レジに持って行きお金を支払います。

お金を支払うと、店員さんがパスワードが書かれたレシートくれます。

これがチャージ用のバウチャー(レシート)。密碼の後の14桁の数字がパスワードです。

これで、バウチャーの購入は完了です。

では、ついでにチャージの手順も紹介します。

チャージしたいSIMが入った端末で、867に電話をかけます。

中国語で案内が始まりますが、2をプッシュ。

バウチャー(レシート)に記載された14桁のパスワード(密碼)をプッシュ。

これで、チャージは完了です。

この時点では通信費としてチャージができただけなので、

パケット定額には設定されていません。

パケット定額にしたい場合は、535をプッシュして設定を行います。

半年に一回は台湾に行きたいものです。

ibonの説明は中国語ですがこちらにあります。ご参照ください。