2013年年末、2014年年始と相変わらず台湾によく行くので、

ここ最近の旅行者向けモバイル事情をご報告いたします。

2013年年末に、羽田空港発松山空港着の便で渡台しました。

松山空港は桃園空港と違い、通信キャリアのカウンターが中華電信一社しかありません。

そのため、タイミングによっては激混みです。

ツアーなんかで行く場合は、ツアーの集合時間もあるでしょうし最悪買えない場合があります。

なので、もしツアーで行く場合は、誰よりも速く入国審査をクリアしましょう。

そんなわけで、前回は台湾モバイルのSIMカードを購入しましたが、

今回は中華電信一択なのでこちらを購入。

通話料も含まれたプランも有りますが、通話はIP電話等でOKなので完全通信のみのプランで購入。

価格は、台湾モバイルと同じです。

1日(24時間)NT$100
3日(72時間)NT$250
5日(120時間)NT$300
7日(168時間)NT$450
10日(240時間)NT$500
30日(720時間)NT$900

円安の影響で現在NT$1=3.4円前後です。

通常ツアーなんかだと3泊4日が多いので3日プランを購入すればいいと思います。

3日と言っても開通から72時間なので4日目の途中まで使えますし、

期限が来る頃には空港のFree WiFiの圏内に入っていますのでご安心を。

今回は2泊3日の割りと強行旅だったのですが、1月初旬にもまた渡台するので、

30日プランを購入しました。

カウンターのお兄さんは標準SIMをおもむろにSIMカッターでナノサイズにカットした後、

マイクロサイズアダプターに入れて渡してくれました。

sim

アクティベーションからチャージまで全て完了しているので、

あとは、端末にSIMをセットして通信の設定が済めば通信可能です。

前回はIDEOSGALAXY NEXUSをSIMフリーに改造したものを使っていましたが、

今回は、SIMフリーのモバイルWiFiルータであるGL06Pを使うことにしました。

GL06PへのAPNの設定はタブレットやスマホから行います。

この辺は、出国前に日本でやっちゃってもいいかもしれないですね。

中華電信も台湾モバイルもAPNの設定は同じです。

APN internet

usernameとpasswordは空白です。

スマホやタブレットではこれで通信可能なんですが、

GL06Pはもう一作業必要になります。

設定画面にて国際ローミングを有効にする必要になります。

この設定、デフォルトでは無効になってますので、再起動なんかすると無効になってしまうので、

その度有効にしなければ通信できません。

詳しい設定方法は、別記事にします。