壊れかけのマウス

Logitechとの付き合いもそろそろ10年です。

台湾に留学していた頃に、台北駅前のNOVAというパソコン屋が詰まった電脳ビルで、

M-BD58を購入したのが始まりでした。

それ以来、台湾に遊びに行くたびにLogitechの新作マウスをお土産に買うのが習慣になってました。

台湾のLogitech製品は日本版に比べて箱が豪華(つかデカイ)なイメージがあります。

M-BD58なんかはまだ光学式が珍しい時代だったので、箱に赤いLEDが埋めてあり、

ピカピカ光ってました。

M-BD58今でも使えます。

そんな、Logitech Loveな私は、現在メインのマウスはMX Revolution。

かれこれ、2年半使用しています。

そんな、MX Revolutionですが、唯一の不満は充電関係。

MX700、MX900、MX1000と使ってきましたが、

経験上、Logitechの充電式ワイヤレスマウスは軒並みクレードルでの充電が不安定になります。

MX700やMX900は、単3型電池なのでクレードルがだめになっても、

他の単3電池で対応できますが、内臓タイプになるとお手上げです。

MX1000も一時期充電されなくなりましたが、接点に鉛筆でぐりぐりすることで回復しました。

MX Revolutionも購入半年ほどで挙動が怪しくなり、だましだまし使用してきましが、

先月ついに充電されなくなりました。

新しいマウスへの買い替えも検討しましたが、MX-Revolutionの後継は出ていない模様。

元箱を漁り保証書を確認しましたが、白紙。。。

購入時のレシートもない。

でも、保障は3年なのでまだ間に合う!

駄目元でサポートにメールすると、

保証書が白紙の場合、製品の発売日から保障期間を考慮するとの回答。

発売日を速攻調べると、2006年9月。

ぎりぎりでしたが間に合いました。

製品の不具合なので、良品と交換とありましたので、

てっきり再生品あたりと交換してくれるのかと思ったら、

まっさらの新品が届きました。

箱入りの新品です。

ナイスサポート。

交換後のMX Revolutionは細かいところが改良されていました。

目立ったところはクレードルの電源部。

プラグ式から直結に。

手前が古いクレードル

なかなか、新しいのが出ないと思ってましたが、細かいところが変更になってるんですね。

これからも、Logitechでいきたいと思います。