US配列大好きな私は早速オークションでUSキーボードを入手。

USキーボード

デフォルトの日本語配列と比較すると、

日本語配列との比較

キー数が少ないだけに一つ一つのキーが若干大きくなってますね。

何より見た目がシンプルでいい!←主観の問題ですが。

 

では、交換作業。

バッテリーを外したら。

半角/全角、F1の間。F6、F7の間。F12、Breakの間に爪があるので、

爪楊枝やドライバーなどで押す。

3カ所の爪が外れるとポコッと浮き上がるので上にスライドします。

爪を外してモニター側にスライドします

トラックパッドの上当たりにZIFソケットがありそこに透明なフラットケーブルが繋がっています。

ロック(赤丸の所)を上に押し上げてロック解除します。

赤丸がZIFソケットのロック部

スルッとケーブルが抜けるはず。

これで無事、日本語キーボードが外れます。

後は、逆に作業すればOK。

起動後、キー配列が日本語のままなので、

デバイスマネージャーでキーボードの項目を開きます。

すでに101/102英語キーボードになっていますがドライバを更新します。

私の環境ではこの方法で英語配列になりましたが、

環境によってはレジストリの書き換えが必要だそうです。

こちらをご参照ください。
x-gadget:blogさん[Eee PC 901-Xのキーボードを英語キーボードにする]

 

で、交換後のお姿は↓

USキーボードに交換!

うーん、やっぱりUS配列は美しい!!