タイトルにGoPro用と書いたが、1/4インチネジ仕様なので他のカメラでもOK!

スノーボードをするとき、ヘルメットにGoProを装着してるのだが、

誰かを追い撮りしたり、自分撮りしながら滑るときは、monopodを使ってました。

最初はなかなか調子が良かったのですが、雲台部分が弱い&特に固定する機構がない。

ので、GoProの自重で逆さまになること幾多。

そんなわけで、ホームセンターで使えそうなものをピックアップして自作することにしました。

購入したのは以下の物

・補助ステー(カメラ搭載部)

・補助ステー(グリップ部)

・各種ボルトやらワッシャーやら

・自転車のグリップ

・自由雲台

補助ステーはホームセンター購入。カメラ搭載部は段差の付いているものをチョイス。

ちなみにメーカーは和気産業です。

グリップ部分は、ストレートなL字型にしました。

ちょうどいい感じに穴があいています。

流石、同メーカー。ピッチもバッチリ。

ここに、4x長さのボルトを通し、裏側は袋ナットで固定します。

普通のナットでもいいんですが見た目がかっこいいので。

これだけで形はだいぶできてしまいました。

で、お次は肝心のカメラ部。

穴が大きいので、ワッシャーをかまして、1/4インチボルトを通します。

当初は、ステーを挟んでワッシャー、ナットで固定して、完成の予定でしたが、

ネジ切りの関係でGoProが正面を向かない&アングル変更できない。

ので雲台を装着することに。

雲台はなるべく軽いものを探したところ、Slik SBH-60が50gなのでチョイス。

ボルトで雲台を固定すればカメラ部は完成。


グリップ部は自転車のグリップを流用。

ホームセンターにあった物なのでほとんで種類を選べませんでしたが、

とりあえず399円のピンクの奴。

ロードバイク用のバーテープ巻いてもいいかもしれないですね。

自由雲台を採用したことで、いろんなポジションが取れます。

通常の追い撮りスタイル

GoProを自分の方に向けて、自分撮りスタイル

ローアングルでも撮れます。