昨年11月の話になりますが、台湾に行って来ました。

以前にも、現地でのモバイル通信についてエントリー(これこれしましたが今回は2011年版。

前回は、HTCのWindows Mobileで試しましたが、今回はAndroidで挑戦。

前回同様、桃園国際空港に到着後、出国審査を終え税関(海関)を抜けたら、

お迎えに来ていた親戚を探す作業を放棄して、即携帯キャリアのカウンターへ。

前回は、FarEasTone(遠傳)のIFカード(易附カード)を買いましたが、

今回は、そのお隣にある、Taiwan Mobile (台灣大哥大)のカウンターに。

カウンターのお姉さん(写真撮らなかったけどめちゃくちゃ可愛かった)にプリペイドSIMくださいと伝えます。

通話重視か、ネット重視か、何日使うかなどやりとりしながら、

6日滞在だったので、ネット重視で5日間のカードを購入しました。

このあたりのやり取りは、日本語の書かれた商品説明のプリントもカウンターにあったので、

中国語ができなくても、多分すんなり購入できると思います。

で、購入したのは5日間使い放題で345元(当時レートで1000円弱)・・・・・。

安すぎ。

こんなパッケージです。

ちなみに、1日100元、3日250元のプランもあります。

アクティベーションが完了すれば、SIMがもらえます。

この時に、お姉さんに携帯端末を渡せば、使えるように設定してくれますが、

自分でやりたい人は、以下を作業を。

携帯端末にSIMを入れると、アクティベーション完了や、

このあとの設定に関する情報が書かれた、SMSが飛んできます。

ちなみに中国語で書かれています。

585にダイヤルします。

中国語で音声が流れます。

言語の選択を尋ねられるので、英語のできる方は、ここで2を押すと、

以降英語で説明が始まります。

どっちも分かんねーから、中国語でいいやって人は、1を押します。

その後に、データー定額の日数を聞かれますので、

1日なら1を3日なら2を5日な3をって感じで選択します。

最後に、説明が入るので1を押して終了。

あとは、携帯端末側の通信の設定です。

APN設定はいたって簡単

APNがinternet

usernemeとPasswordは空白

以上で繋がっちゃいます。

データ通信の設定用のプリントがもらえます。

ちなみに、台湾モバイルのSIMの日数計算は開通処理をしてからが起点になるので、

3泊4日(多分、日本人の台湾旅行で一番多いパターン)でも、

3日間定額をチョイスすれば、台湾到着初日から、帰国日の空港まで十分使えます。

夜帰国で、期限が切れちゃっても、空港には無料Wi-Fi飛んでるんで。

今回は、香港で購入したIDEOSに入れて使用しました。

この端末、2万円弱で購入しましたが、なかなか優秀(モバイルWi-Fiとして)。

画面が小さいし使いにくいかなと思いましたが、

現地では、ほとんどモバイルWi-Fi端末状態で、

実際は、iPhone4ばかりいじっていたので気になりませんでした。

今なら、1万円前後で中古で買えるみたいなんで、

海外に行く機会のある方はモバイルWi-Fi端末として購入オススメします。

と、書いておきながら、GALAXY NEXUSを購入したので、次回はGALAXY NEXUSで、

試してみようと思います。

台湾に遊びに行く際はSIMフリー端末を忘れずに!