カテゴリー : Mac

MacBook Pro 15″(Late2006) SSD化・デュアルストレージ化・USキーボード化



MBP 17″(Early 2011)と入れ替えで我が家にやってきた、

MBP 15″(Late2006)のSSD化とデュアルストレージ化とUSキーボード化を一気に実施!

今回導入するSSDはこれ


A-DATA SSD S510 120GB

SATA3対応の120GBでは最安でした。

MBP15″ (Late2006)自体は1.5Gでしかリンクしないんで、

SATA3にする必要はないのですが、今後他のマシンに移設することも考慮して購入。

デュアルストレージ化の為のベイマウンタは、

テクノハウス東映さんにてSlimBay9.5AT-HDD.SAを購入。

ユニボディ以前のMBPは光学ドライブがSATAではなくATAPI(IDE)なので、

前回紹介した、SlimBay9.5SA-HDD.SAは使用できません。

このマウントベイ、PCとの接続はATAPI(IDE)なのですが、

マウントするHDDとの接続はSATAになっていて、SATA→IDE変換してくれます。

安価で大容量なSATAが使える、お財布にやさしい仕様です。

私、勘違いして、割高なIDE HDDを購入するところでした。

USキーボードは、vintage computer等から買えますが、

高いです。。。15000円程度。まあ、安心のクオリティでしょうが。

せっかくの円高なんで、海外から輸入します。

(まあ、VINTAGEさんも海外だけど)

いつもだと、ebayを使うところですが、今回はaliexpressに挑戦。

ガンガン出てきます。どれも、$30前後。

一番安い、送料込みで$27.84の物をチョイス。しかもESMです。

厳密にはMBPのキーボードは世代ごとに仕様が分かれているのですが、

ebayやaliexpressの中国業者は、

ユニボディ以前のMBPは共通で使えるとの説明になっております。

多少不安ですが、注文から4日で届いたブツは、

かなりがっちり梱包されてます。

ファンクションキーに割り当てられてる特殊機能が、

おそらくユニボディ以前の最終型の物になっています。

この辺は、元々ついてるJISキーボードからニコイチします。

では、以下分解と取り付けの画像、、、、

続きを読む

Mac mini 2011にHDDを増設する



Mac mini 2011モデルにHDDを増設しました。

光学ドライブが廃止された影響で、上位機種のServerモデル以外は、

上段側ドライブのSATAケーブルが付属していません。

これを入手しないと作業ができません。

現在、3箇所で購入可能です。

VINTAGE COMPUTER

iFixit

秋葉館

価格と、入手のしやすさから秋葉館で購入しました。

高すぎですが、今のところこれしかないので仕方ないです。

では、作業模様を画像で紹介します。

続きを読む

MacBook Pro EFI ファームウェア・アップデート 2.2



これで、MBP2011モデルのSATAの不具合が解消されるらしいです!

うちの環境では、光学ドライブ側にSSDをインストールしているので、確認できていませんが。

何はともあれ、これで安心してSSD導入できますね。

(2011/10/24追記)

510をHDDスロットに付け替えたところ、

バッチリ6Gでリンク確立されていました。

動作に不安定さもありませんでした。

Macmini(Late2009)のメモリを8GBに



サーバとして使用しているMacmini(Late2009)は、2.53GHzモデルのため最初から4GBを搭載していました。

購入当時(2010年)は、メモリが少し高騰していたため、特に増設は考えていませんでした。

サーバ用なので安価な2.26GHzモデルを購入するつもりでしたが、在庫と値引きと標準搭載メモリを考慮し上位モデルにした気がします。

しかし、ここ最近のメモリ価格の下落でそろそろ8GB化しようと思いメモリを購入しました。

続きを読む

Macbook Pro,MacbookにHDD or SSDを二台搭載するために必要なもの



Mac OSも基本DLインストールになり、ますます光学ドライブの需要も低くなってきました。

特にノート系のPCだと購入以来使ってないって人もいると思います。

そこでおすすめなのは、光学ドライブを外し、そこにSSDかHDDを増設する!です。

SSDは、まだまだ容量が少なく高価ですが、起動用に用いると効果テキメンです。

元々、入っていてHDDをデータ用として使えば外付けドライブ準備の必要もありません。

Macbook Pro、Macbookで実際に同様の改造を行った際、購入したパーツ&道具を紹介します。

続きを読む

Macminiのメモリ



早速、Macminiにメモリを増設しました。2010年モデルからはらくらくメモリが交換できます。

以前のモデルは、へらでこじ開けたり色々大変でしたが今回はらくちん!

今回購入したメモリはMBPに使用したものと同じこれにしました。

5月に購入した時は6千円くらいでしたが今は4千円切ってます。安くなりました。

早速インストール。

簡単すぎるので画像は省略します。

当然ですが無事8GBで認識。

永久保証だし、この規格のメモリでは一番安いと思うのでお勧めです。

Mac mini 2011Xi割で購入



せっかく買ったMBP2011だが、訳があって今後の使用頻度が減りそうだったので、

友人のaie堀崎くんに嫁に出した。フルスペックだったので喜んでくれたかな?

で、アネックススタジオ(別名アパート)でのメインMacを手放したので、

新たなMacを買うわけです。で、前々から気になっていた今年のMac mini。

i5でRADEON積んでりゃ、映像もいけるだろ。で安い。

早速、近所のヤマダに。

馴染みの店員さんに、お値段出してもらうと。
続きを読む

Dell U2711




Dellから15%OFFクーポンがもらえるアンケートが来ていたので、

以前から購入しようと思っていた、U2711を購入してみた。

法人向けのクーポンだが個人でも使用可能でした。

普通にクーポンのみだと、法人価格57,979円から15%OFFの49,282円になります。

これでも十分安いんですが、

価格コムを経由するとさらに安くなります。

価格コム特価55,799円の15%OFFで47,429円で購入可能です。

本当はU3011狙いですがあまりの安さに縦解像度160pixel諦めました。

これで、iMacを手放してMBPをメインにしても解像度の面では同じ環境が維持できます。

MBPとの接続にはこのケーブルを使用します。

納品が待ち遠しい!

MacBook Pro 2011 17inch SSD動作状況



HDDベイで問題なくインストール&初回起動まで確認できたIntel SSD 510 120GBですが、

その後、うまく起動しなかったり動作が不安定なので、光学ドライブベイに移設しました。

こちらは、SATA2なので、強制的に確立リンク速度が3Gになります。

HDDベイでは、たまに確立リンク速度が6Gなったり嬉しいような嬉しくないような不安定さです。

SlimBay9.5SA-HDD.SAを介して光学ドライブベイに接続してからは、問題なく爆速で起動します。

正直SATA3で使いたいですが、現状安定させるためには光学ベイでSATA2がよさそうです。

SATA2のSSDを買っておけば問題ないんですけどね。

でも、アップデートで治るかもと期待しつつIntel SSD 510 120GB使います。

少なくとも、私の環境ではOSインストールはどのベイでも問題なく完了。

HDDベイでのアルミホイル対策で6Gリンクも確認、3Gリンクでの動作も確認(ただし起動が不安定)。

安定動作は光学ドライブベイにSlimBay9.5SA-HDD.SAを介してインストールするのがいいでしょう。

MacBook Pro 2011用メモリ



MacBook Pro 2011用のメモリは4GBx2合計8GBの、

CFD販売 Elixir ノートPC用メモリ DDR3-1333(PC3-10600) SODIMM CL9 4GB 2枚セット W3N1333Q-4G

にしました。

Amazon価格6891円と、4GB2枚セットの価格では最安値に近いほうだと思われます。

Macでの動作確認は保証されていませんが、うちのMacでは問題なく8GBで認識されました。

メーカーがMacへの対応を謳っている製品とはこちらがあります。

BUFFALO Mac用増設メモリ PC3-10600(DDR3-1333) 4GB×2枚組 A3N1333-4GX2/E

ちょっと3000円ちょっとの価格差は大きいですね。安心代ですね。

TOP

about car radio

1978年生まれ
Mac、PC、Gadget、自転車、SNOWBORD、
バンド、音楽、楽器、台湾、アジア
大好き。
twitter
mixi